公的年金の運用収益と累積収益額の推移 – GPIF(2001年度〜2015年度)

更新日: 2016年10月21日11:29 pm カテゴリー財政・金融


 

図1 公的年金の収益額と収益率の推移(2001年度〜2015年度)

出典:年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)

 


 

図2 公的年金の累積運用収益額の推移(2001年度〜2015年度)

出典:年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)

 


 

運用実績

年度収益額収益率累積運用収益額運用資産額
2001年度(平成13年度)-5,874億円-1.80%-5,874億円38兆6,014億円
2002年度(平成14年度)-2兆4,530億円-5.36%-3兆405億円50兆2,143億円
2003年度(平成15年度)4兆8,916億円8.40%1兆8,511億円70兆3,411億円
2004年度(平成16年度)2兆6,127億円3.39%4兆4,638億円87兆2,278億円
2005年度(平成17年度)8兆9,619億円9.88%13兆4,258億円102兆8,714億円
2006年度(平成18年度)3兆9,445億円3.70%17兆3,703億円114兆5,278億円
2007年度(平成19年度)-5兆5,178億円-4.59%11兆8,525億円119兆8,868億円
2008年度(平成20年度)-9兆3,481億円-7.57%2兆5,043億円117兆6,286億円
2009年度(平成21年度)9兆1,850億円7.91%11兆6,893億円122兆8,425億円
2010年度(平成22年度)-2,999億円-0.25%11兆3,894億円116兆3,170億円
2011年度(平成23年度)2兆6,092億円2.32%13兆9,986億円113兆6,112億円
2012年度(平成24年度)11兆2,222億円10.23%25兆2,209億円120兆4,653億円
2013年度(平成25年度)10兆2,207億円8.64%35兆4,415億円126兆5,771億円
2014年度(平成26年度)15兆2,922億円12.27%50兆7,338億円137兆4,769億円
2015年度(平成27年度)-5兆3,098億円-3.81%45兆4,239億円134兆7,475億円

 
出典:年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)

更新日:2016年10月21日

 


 

 日本の公的年金は、保険料を払う現役世代が高齢世代を支える仕組みになっている。しかし少子高齢化により、現役世代が減り、年金受給者が増えていくことで、安定的な運営が困難になるとの懸念がある。そこで政府は2001年度から、年金積立金の市場運用を始めた。現在は厚生労働省所管の「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」が運用をしている。ここでは市場運用が始まった2001年度から現在(2015年度)までの公的年金の運用実績をまとめた。

 収益額(図1)は年度により黒字と赤字を繰り返している。赤字額が最大だったのは、リーマン・ショックなど世界的金融危機で市場が大きく混乱した2008年度で、-9兆3,481億円(収益率:-7.57%)。一方、黒字額が最大だったのは2014年度で、15兆2,922億円(収益率:12.27%)。アベノミクス相場で株価が上昇したことに加え、安倍政権が2014年10月に基本ポートフォリオ(資産構成割合)を見直し、株式運用比率を引き上げたことなどが要因だった。

 累積の運用収益額(図2)は2015年度現在、45兆4,239億円。2015年度は5兆3,098億円の損失を出したものの、2015年度に次ぐ規模を維持している。また、運用資産額は134兆7,475億円となっている。